投稿

注目の投稿

10万円のコロナ給付では足りない。生活福祉資金貸付20万円を社協で申請してきた

こんにちは、下(しも)です。 新型コロナウイルス感染対策により、4月14日に緊急事態宣言が全国に拡大されました。これにより企業の休業・失業・縮小が余儀なくされ、生活資金に困っている方もいるのではないでしょうか。 私も今月からライティングの仕事が2本キャンセルとなり、そんな困窮者のひとりです。もともと貧乏暮らしをしていたため、政府が4月14日以前にアナウンスした30万円給付の対象者でしたが、全国民10万円給付へ変更となり「さて、どうしよう!」と慌ててしまいました。 そこで社会福祉協議会の生活福祉資金を利用することに。どんなものか、申請までの様子をご紹介します。 ┃10万円給付と生活福祉資金20万円の違い コロナ生活福祉資金ご案内  10万円の給付は、政府から国民すべてがいただけるものですが、生活福祉資金は借りるお金です。いわゆる借金であり、1年経過後に返済がはじまります。そのため今こんな状態なのに、1年後に返済していけるのか不安ですよね。私もこの点に悩み躊躇していました。 ┃生活福祉資金とは? コロナ生活福祉資金ご案内 20万円が借りられる生活福祉資金は、もともと全国の社会福祉協議会が失業者や低所得者に対して行っていた貸付事業です。それを新型コロナウイルス感染症の影響で困っている方にも間口を広げようと、貸付額と対象者が拡大されました。別名は特例貸付、窓口は同じく各市町村にある社会福祉協議会です。 対象者:新型コロナウイルスの影響を受けて収入の減少があった方 貸付上限額:学校の休業・個人事業主・特例の場合20万円、その他10万円 特例の意味は不明ですが、会社員の方も20万円を借りることができました。 措置期間:1年以内 返済が1年後からはじまるという意味です。 償還期間:2年以内 2年で20万円を返済するので、毎月約8,400円が指定口座から引き落としされます。また1回での返済を選択する欄もあるので、目途が立っている方は一度の返済が可能です。 利子:無利子 保証人:不要 さらに失業をしてしまった方は、最長12カ月の貸付が受けられます。2人以上家族の場合20万円×12ヶ月、合計240万円になります。 ┃申し込み書類をもらうには相談が先?事前に電話連絡を

【楽天学割】私が高校生だったら絶対に利用する無料登録のお得なサービス

どうしようもない【首こり解消!】には簡単手作り枕がおすすめ!

ポイントサイトで稼げるのか?ポイントだけで暮らしたい【レシーカ】使ってみた!

家にいながらマイナスイオン!「ぐうたらに」おすすめのフェイクグリーンは無光触媒

疲れた時はワイナリーで非日常の贅沢を味わうのはいかが?【おすすめのワイナリー】

移住をするなら農家民宿で体験を!農家民宿のすすめ

楽天ポイントを投資した!楽天ポイントクラブ運用17日目