どんな仕事? 基盤作成

こんにちは、下(しも)です。



わたしの経験してきた仕事、



ほんと短い期間のやつもありますが、

仕事内容を書いてみます。 たぶん、グチも混ざります。



始めのころの仕事は、だいぶ昔になるので、

覚えている範囲です。


興味ない方は、わたしの “根性なし” を笑ってやってください。



前回の投稿で、17の仕事を書きましたので、

順番にかきますね。




【基盤作成の仕事】


これは、新卒で入社した会社です。

社会人 1年生のわたしは、仕事意識がとてつもなく低い

不真面目な新入社員でした。



会社自体は、コンピューターなどの精密機械を手作業で

ゼロから作り上げていく製造会社です。



わたしが担当したのは、コンピューターの内部のIC基盤を作る仕事。

・図面をみて、その基盤につける材料を揃えます。

・ニッパーで材料の足の長さをそろえたりして下処理をします。

・図面通りの場所に材料をのせて、はんだコテで基盤にくっつけていきます。

・全部つけ終わったら洗浄機で洗浄します。(これはベテラン社員の仕事)

・手作業でも洗浄します。

・検査をします。(これはベテラン社員の仕事)

・検査で不具合があると戻ってくるので直します。(だいたいがはんだ不足です)


この基盤が、次は組み立ての部署へいきます。

そして製品として発送される。



流れ作業ではなく、1人1人に作業台があって、そこで作業をします。

細かいことが好きなひとには楽しいかも。

毎回図面がちがうので、少しだけ変化を味わえます。



ただし、受注数が多いと、1ヶ月くらい同じ基盤を作ることもあるので

変化がなく地獄でした、、。

逆に、すごく簡単な基盤の時は、サクサク終わるので

達成感が味わえて楽しかったです。



わたしにとっては、

飽きる + じっとしているのが苦痛 でした。


 編集 説明 仕事の続かないわたしは、16回の転職と17回目の退職をしました。        「これから何やっていこうかなぁ~。」と毎日ボヤけているくだらない雑記です。 わたし目線ですが、今まで経験した職種についても書いてみようと思いますので、 一度のぞいてみてください。

※この画像は基盤とは関係ないです。イメージです。


そのころの視力は両目とも1.5でしたので、楽勝の細かい作業でしたが、

肩こりは出ましたね。


あと、はんだコテは熱い。 やけどをすることもありました。


そして一番の問題は、眠くなってしまうこと!

前日きちんと睡眠をとっていても、眠くなってしまう!




わたしにとって、それだけ退屈か、良く言えば安定している

仕事だったのだと思います。



今のわたしなら、じっとしていられるかも、、。

でも目が悪くなったので見えないか。





みんな仲良しの会社でした。


よく飲み会などがあり、最後のしめは、YMCAをみんなで歌って踊るでした。

若いわたしは『古っ!』と思い、心から楽しめず苦笑いをしてました。


わたしの子供の文化祭でもYMCAが毎年最後のしめでした。

年代、時を超えての名曲ですね(^_^)

西条秀樹さんのご冥福をお祈りします。













コメント