どんな仕事? 保険外交員

こんにちは、下(しも)です。


ちょっと近くのコンビニまで、飲み物を買いに行こうと思うのですが、

今日は起きてからパーカーをはおり、靴下をはいただけなのです。


今さら着替えるのも、、、。

もう夕方だし、、。


そんな格好だけど、いいかな?コンビニ行って?


髪もボサボサ、顔も洗ってません。

コンビニと自動販売機なら、値段は変わらないから

販売機にしようかな、、。


それか、水でいいか、水道水で。




生命保険の外交員の仕事。

この仕事は、全職の卸売り業の時に一緒に働いていた人に誘われました。


その人は全職にわたしが入って少ししたころに退職し、

保険外交員になったのですが、

偶然家が近所で交流ができて、誘われることになったのです。


『3ヶ月だけでいいから働いてほしい』とお願いされ、

その3ヶ月は研修期間だから、保険契約をとらなくてよいとのこと。


近所だし、断るのもその後の付き合いがしずらくなるので、

3ヶ月だけならということで働きました。



はじめの1ヶ月は勉強です。

保険外交員をやるには資格が必要で、“生命保険一般過程試験”を受けて

資格を取得し、国に登録しすると保険の募集ができるようになります。

試験に合格すると、その後各事業所に配属されます。


配属後も、3ヶ月以内はノルマがありあません。(保険会社によって違うかも)


逆に、3ヶ月を過ぎるとノルマ発生、、。


事業所はさらに班に分かれています。

班は繋がりがある人たちで出来上がっています。


わたしは誘ってくれた近所の人と同じ班になります。

みんな誘い誘われた人たちで班が出来上がっています。


仕事の続かないわたしは、16回の転職と17回目の退職をしました。 「これから何やっていこうかなぁ~。」と毎日ボヤけているくだらない雑記です。 わたし目線ですが、今まで経験した仕事についても書いてみようと思いますので、 一度のぞいてみてください


ノルマはその班単位で発生します。

そして、班長さんが、その班のノルマを個人に割り当てます。


わたしのところの班長さんは、とても優しい人だったので、

わたしのノルマはごくわずかでした。


今思えば、新人にノルマをみんなと同じように与えて

辞められては困るということだと思います。

『少しでも新人が契約をとってくれば、班のたの人達が楽になる』



出勤も自由です。

何時から何時でもかまわない。

ただしコアタイムがあるので、その時間はできるだけ事務所に顔を出します。


顔を出すというのは、ほんとに顔を出すだけです。

タイムカードを押せば、もう出かけてかまわないのです。


なぜならば、外交員は個人事業主扱いだからです。

社会保険の加入はありましたが、確定申告を自分でします。


わたしは入社したばかりだったので、税控除をうけるほどでもないため

白色申告をしました。


なので、会社は出勤についてはノータッチ!

週1回のミーティングに参加すれば他は自由でした。



【仕組みはこうです】

人材確保 ⇒ 新規契約の可能性(新人が自分の保険加入) ⇒ 会社の売上につながる


新人はチヤホヤされる。

その新人本人、新人の家族、友人、交友関係  すべてが会社にとって標的です。


なので “友達を連れてこいミッション” がたびたびありました。


結局わたしは、自分の保険と家族の保険で2本契約をし、

家族の知人で保険に入りたいという人がいたのでその人の契約をとり退職しました。



計 半年間働いたのですが、それは

契約をとったインセンティブは、一括でもらえないのです。

12回に分けてもらえます。


ただし、退職してしまうともらえない、、、。

といった仕組みです。


コンスタントに毎月契約をとっていけば、給料がどんどんUPしていく

感じがしますね。

リボ払いではなく、リボ収入?です(^_^) (上限額を選択できませんが)



飛び込み営業の割り当てもありました。

わたしは病院でしたが、まぁ、嫌な顔されましたね。

みんな逃げていくので心が折れます。


ホント、どんな業界でも、営業の方を尊敬します!





外交員へのおもてなしがすごい



新人獲得も獲得した人のインセンティブに繋がります。

そうして入った新人さんたちが辞めないように、

たくさんのイベントがあります。


食事会や飲み会、表彰、プレゼントなど。

保険外交員さんが販促品として配っている品物も、

会社からの班や個人へのプレゼントが多いです。


班長さんクラスになると、自分でちょっとした物を

お得意さんの誕生日などにあげたりしています。


付き合いが大変ですよね~。














コメント